Categories

Archives

Latest Posts

Tags

金の価格と世界的な金融商品

金の価値は常に変動しています。相場というものがあり世界に共通しているので、価値としても世界の何処でも変わらないという金融商品でもあります。また世界的な市場としては香港、チューリッヒ、ロンドン、ニューヨークが四代市場と呼ばれていて、ここでおもに価格が決まってきます。しかし常に変動するということですので、金を購入してもその値段が永遠に決まっているということではないということです。将来上がるかもしれず下がるかも知れませんが、それが魅力でもあります。以前大きく下がった時に日本人がたくさん購入して、それが最近金価格が上がったので、その頃購入した人たちは非常に大きな利益を上げたそうです。そのような収益もあげられるのが金の魅力ですが、当然あまりにも高いところで購入してしまうと、価格が安くなるということもありえますので、そこは注意をして購入しておくのが良いともいます。

金の価格とその変動要因

金が変動するのは何故かということですが、色々な理由がありその幾つかを挙げると受給の変化や政治、社会、経済、国際情勢などの変化などが複雑に絡み合って今の瞬間に価格が変化しているということですが、それを変化させているのが取引をしている人間の感情なので、結局のところ変動要因は人の心だということです。また日本の場合には、もともとのそれらがドル建てであるので、日本国内の金は、それを円建てにした価格になります。そうなると為替レートも影響してきますので、その問題もあります。円高だと国内の金価格は安くなり、円安だと高くなるということになります。為替相場は金だけではありませんが、なかなか厄介なもので、色々な歪みが生まれてくるということになります。このように金の相場でもいろいろな要因で変化するので理解が大変になるわけです。

金の価格と地球の在庫

金は地球上に有限に存在する希少金属ですので価格もそれなりの価値を持ち続けることになります。地球全体の在庫としては予想ですが、今まで採掘できた金は15万トンで、よく聞く説明では、オリンピックの公式プール3杯分という説明です。そして残りの在庫は7万6千トンぐらいだと見積もられています。そうなると全体で地球には23万トンぐらいしかなかったということになります。それで今までは採掘しやすいところから採掘してきたので、今後はだんだん採掘も難しくなるということでした。また毎年2千5百トンの採掘があるということですから、今世紀の前半には枯渇するということになるようです。その後は使いまわしをして凌ぐしかないということですが、後は宇宙からの採掘しかないということでしょう。錬金術でも完成すれば増える可能性もありますが、案外驚くような方法が見つかるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

Go back to top