Categories

Archives

Latest Posts

Tags

日々変動する金の価格

資産家の多くは、自分の資産を紙幣などではなく金にかえて持っているといわれています。なぜかというと価値が永久になくならないものだといわれているからです。たしかに紙幣などとは違い価値がなくなることはないようなのですが、全く変わらないかといえばそうではありません。金の価格も日々変動しているのです。最近はその価値は右肩上がりと言われていて数年前に買った金が今では倍近くなっていたりします。ですが今後も変わらずずっと右肩上がりなはずはないし、少しは下がったりもすることはあると思いますがそれは仕方のないことです。ですが少し下がってもそのうちまた高値になったりもするのでもし自分が持った際には価格の変動をあまりにも気にしすぎたり少しくらい下がったからといって慌てて売ってしまわないことが大事なのではないかなと思います。

値崩れしにくい金の価格

友人に最近金の購入を勧められる時があります。私は普段毎日の生活費以外のお金は全て銀行に預けています。そんなに多い額ではありませんが、将来のためにできるだけ蓄えておこうと思ってそうするようにします。資産をどういった形で置いておくのかは考える時もあるのですが、友人のうちの何人かは資産の一部を使って金を購入しているそうです。金の価格というものは非常に値崩れしにくいものらしく資産を形にしておくという意味ではピッタリのものだと言っていました。それどころか最近は価格が上昇している傾向にあるらしく、銀行の金利などよりも遥かに儲かるとも言っていました。我が家の資産はそんなに多いわけではないのでまだまだ無理ですが、いずれはそういったことも考えた方がいいのかなと思っています。と言ってもまだだいぶん先の話だとは思いますがね。

純金の価格はこれから上がる可能性があります

投資のひとつとして純金を購入する、または積立をするという方法があります。その価格相場は常に上下変動をしていますが、これから上がる可能性があると言われています。まず、純金の相場を決定する通貨がドル建てとなっています。今は少しずつ円安ドル高となっています。つまり、相場価格も上がる可能性があるということです。また、世界情勢的に見ても中東での紛争が大きな影響を及ぼしているとも言われており、中東の国々では経済が安定しないからか、通貨よりも信頼度の高い純金を購入して身に付けているとも言われています。今後、世界経済がどのようになるかは誰にも判りませんが、どのような国であったとしても破綻する可能性は持ちえています。国が破綻してしまえば、その国の通貨は価値を失くしてしまいます。そういったことを考えると、純金の信頼度や価値の高さは世界共通であり、通貨よりも強くなる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

Go back to top