Categories

Archives

Latest Posts

Tags

お金を支払うときに気になる価格

日々暮らしていくために、私たちはお金を支払う機会が多くあります。食事、服、日用品など、生活に必要なものはたくさんあります。しかし、そういった商品を売っているお店によって、価格は異なりますよね。もちろん、お店も商売ですから価格を決める自由があります。消費者の私たちにとっては、同じ商品であれば安く買いたいという気持ちがあります。そのために私たちは、チラシや店舗に足を運ぶなどして価格を比較することがよくあります。商品によって質が異なるのであれば比較は難しいですが、同じ商品であれば比較することは簡単です。少しでも安いお店で購入できれば、得した気分にもなります。ただ、全てのほしい商品を比較していては時間もかかりますし、買いに行く場所が遠ければお金もかかります。とても非効率です。そのために、ある程度安い店を見つけておくことも大切です。

気になる金の価格の変動

金を持ってる人はたぶん毎日その価格を気にしてる人は少ないと思います。持ってない人たちは毎日気にしてると思ってる人たちもいると思いますが、持ってる本人はあまり気にしてないと思います。金を持ってる人たちはそれでお金を稼ごうと思って買ってる人はほとんどいないと思います。持っている人たちの半分以上は家族や子供や孫たちに資産財産として持っていると思います。しかし、ほとんどいないと思いますが、おお金稼ぎで買ってる人たちは毎日のようにネットなどで価格を気にしてると思います。しかし、金は株などと違い一気に稼げるものではないと思います。株などは一気に上がったり下がったりしますが、これは一気に上がったりとかはしません。でも、変動してることはたしかです。しかし、儲かることはほとんど無理だと思います。なぜなら、めったに価値が上がることがないからです。ですから、儲けようと思って買うと損をすると思います。

金価格についての知識

金は24時間、世界の何処かの市場で取引をされています。シドニー市場、東京市場、チューリヒ市場、香港市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場など時差を追って取引は受け継がれています。このように金の取引は世界の主要な市場をまたいで引き継がれています。そのため、取引の際に基準となる値段表示が必要になります。この基準となる値段のことを「国際金価格」と呼びます。それは現在米ドル建てとなっています。なぜなら、現在の基軸通貨が米ドルだからです。重量単位はトロイ•オンスです。そして、「国内金価格」とは、わかりやすく言えば現地での値段のことをいいます。オーストラリアであれば豪ドル建て、香港であれば香港ドル建てとなります。日本であれば、円建てです。共通していることは、ドル建てを自国通貨建てに為替換算した値段が現地価格ということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

Go back to top